2017  U13リーグ準決勝

投稿日時 2017-12-12 17:12:49 | トピック: ジュニアユース

2017 U13リーグ準決勝
各務原スポーツ広場

FCフォレスタ関 vs FC XEBEC

遂にここまで来た。13リーグ開始からコツコツ上ってきた階段もあと2つで頂上に届く。
先ほど終了したばかりの第一試合は高い技術に裏付けされた好ゲームだった。
やはり最後の方の階段は高い。登り切れるか?

12:30 開始のホイッスルとともに玲央斗が「ドン」。お調子者達の祝砲を相手GKへ届ける。(調子に乗れるか?)
立ち上がりはカウンターの応酬。行ったり来たり。
3分、右サイドの数的不利の対応が遅れた。入れられたクロスのスピードがマズイ。SB舞己がTOPと縺れつつ弾いたボールがオウンゴール。0-1。
失点を機に相手がスピードをさらに上げてきている。劣勢の流れだ。
13分、選手交代を試みる。SBに幸翼。SHに康生。
15分、流れは変わらない。右サイドをドリブルで破られ、クロスを合わされた。0-2。
スピードのあるドリブルが印象的な相手に対し、中盤がことごとく負けている。
19分、選手交代を試みる。DHに藤掛と謙臣。SHに桜。
21分、ここまでなかなか縦パスを収められなかったCF森が初めてのチャンス。相手CBと1×1。遠目からのシュートは力なく転がった。
24分、SH桜が左サイドの攻防を激しく、ファウルギリギリでしつこく対応。自チーム控え選手からヤリすぎだの声が聞こえた。
(そうか?技術もスピードも敵わないなら、ハートの熱さで勝負するしかないだろ)
現に流れは揺らぐ。CB甘楽〜GK昌大〜SB幸翼〜SH桜〜CF森。流れるように繋がったボールはシュートこそ防がれたものの、ペナを窺う。
SB幸翼のパスカットからSH桜がドリブルでペナを目指す。左サイドに活気が出てきたところで前半終了。

後半は快渡・陸・水口・恭心を投入。
31分、開始早々の不安定なところをショートカウンターから失点を許す。0-3。これは痛い。
35分、スルーパスに抜け出したSH涼介とCF水口。GKと2×1(数ならもらった!)いやオフサイド。
38分、パスを受けたOH義蔵が持ちすぎでロスト。プレーにリズムが無い。
40分、森と謙臣をピッチへ戻す。するとここから流れに変化が。
42分、SB玲央斗のクロスをCF森が頭で合わせる。惜しい。(そして珍しい)
43分、後半からDHに入った桜。鋭い嗅覚でセカンドボールを拾い続け、流れを安定させている。送ったスルーパスに反応したSH涼介が放ったシュートはGKを巻いてゴールイン。1-3。
45分、反撃ムードが漂う中、与えたFKを決められる。1-4。(欲しい1点はいつも相手なのね)DHへ一世を投入。
50分、それでもまだ攻撃の熱は冷めていない。前に、前に、、CKやFKを繰り返し、なりふり構わずゴールを目指す選手達。
終了間際、与えたFKをまた決められた。1-5。(見事)

FCフォレスタ関 1ー5 FC XEBEC

完敗でU13リーグは終了となりました。
この悔しさを忘れず、またトレーニングに打ち込んでいきましょう。
応援して下さった皆様、本当に有難うございました。






FORESTA.SC WEBにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.foresta-sc.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.foresta-sc.org/article.php?storyid=957