ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
10/11/06shinjin VS Drache 7-0
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
投稿者: harumi 投稿日時: 2006-4-18 17:20:47 (764 ヒット)

4/1より2006年度シーズンの開始と共にフォレスタスポーツコミュニティーも2年目に突入しました!

昨年度より小学3年〜6年と中学生を対象にスクールを本格的に始動し、夏前にはジュニアユースも発足・始動し慌しい中でのクラブ・スクール活動を進めてまいりましたが我々の活動にご理解頂き、賛同して頂きました皆様のおかげで部員及び会員数が100名を超える申込みがありました。

スタッフ一同、各カテゴリにおいて予想をはるかに越える人数に嬉しい悲鳴をあげながら子供たちと共に1年間活動させて頂きました。駆け出しの組織運営でご迷惑をお掛けした事もありましたがサッカーを通じて人と人との関わりを大切にサッカーの楽しさと10年・20年とサッカーを続けていくにあたり必要となる基礎技術などの習得をベースに指導してきました。


今後も子供たちにとって、よりよい指導とサービスを提供出来るようにスタッフ一同、試行錯誤しながら頑張りたいと思います。そしていつかはフォレスタからプロ選手が・・・と、なるように組織作りもしていきたいと思いますので2006年度も宜しくお願い致します。


さてメインメニューにあります資料室を更新致しましたのでお知らせ致します。
更新内容については以下参照下さい。

■更新内容

 ●F.C.フォレスタ関トップチーム選手名鑑
   →2006年度登録選手を掲載(4/14現在)

 ●F.C.フォレスタ関ジュニアユース選手名鑑
   →2006年度登録選手を掲載(4/14現在)

 ●フォレスタスクール指導スタッフ及び各カテゴリ選手名鑑
   →2006年度担当カテゴリスタッフ及び選手一覧を掲載(4/14現在)


投稿者: foresta 投稿日時: 2006-4-13 19:35:57 (1216 ヒット)

今月の1日にフォレスタJr.ユースの新入クラブ生の入部式が関市下有知グランドにて行われました。
当日は3名の欠席は有りましたが、新たに23名の新中1のメンバーと新たに中2の選手1名の入部があり合計で48名のクラブ生となりました。
フォレスタJr.ユースもまだ発足して8ヶ月足らずですが、何とかクラブらしくなったことは、色々応援していただいた関係者の方々のお陰だと嬉しく思います。この場をお借りしてお礼申し上げます。有り難うございました。

子供達が自らの意思で選んだ道を進むことができるということは、とても恵まれたことだと思います。でもこれから3年間の中では必ず悩み、苦しむ時が有ると思います。また時には逃げ出したくなることもあるでしょう。そういうときには、初心にかえって、この時期の夢や希望で満ち足りた瞬間を思い出して、困難を乗り越えていってほしいと思います。そういうときこそ一番充実感や感動を覚えるときではないでしょうか。つらくて苦しいときこそ、明るく元気を出して、頑張ってほしいと思います。

Jr.ユースクラブ生全員の活躍と成長を心よりお祈りいたします。

続き... | 残り1128バイト | コメントする

投稿者: foresta 投稿日時: 2006-2-15 14:02:09 (1234 ヒット)

サッカー ジュニアユース・ジュニア 2006年度新規生募集と申込み受付けのお知らせ

フォレスタスポーツコミュニティーでは、2006年度4月からのサッカージュニアユース(中学生)・ジュニア(小学生)の、クラブ・スクール生を募集いたします。
以下の各資料をご覧いただき、当クラブへの入会をご検討くださいますようお願い申し上げます。
尚、お申込みの受付けも随時いたしますので、ご入会いただける場合は、申込書をご提出くださいますよう重ねてお願い申し上げます。

1.FCフォレスタ関 ジュニアユース・ジュニア クラブ・サッカースクールについて
ジュニアユースクラブ・サッカースクールについての説明です。クラブ誕生の経緯、設立の趣旨や、練習内容などについて記載しています。

2.サッカー ジュニアユース・ジュニア新規生募集
募集に際して、コースや費用、練習日程などのご案内です。

3.フォレスタジュニアユース・ジュニア クラブ・サッカースクール申込書
ご入会のための申込書です。

◆ お申込み、お問合せ ◆
お申込みは、スクール会場(下有知グランド)にて、下記コーチまでお願い致します。
小川 一也・春海 達郎・亀井 博之

この件に関する問合せ先
フォレスタSC事務局
電話/FAX 0575-25-2910 Mail k_ogawa219@bridge.ocn.ne.jp


体験スクール実施中!!
ただ今体験スクールを実施しています。
フォレスタサッカースクールを無料でご体験いただけます。詳しくは上記までお問い合わせください。


投稿者: foresta 投稿日時: 2006-2-15 13:46:31 (830 ヒット)

2/8(水)のスクール練習に荒井寛氏を招いて、身体運用の新しい方法について学びました。
これは、古武術の動きを応用したもので、それをスポーツに生かしていこうといったものです。桐朋高校(東京国立市)バスケットボール部ではこれらの動きを利用して、全国大会出場を決めました。
このことは、様々なテレビ番組でも取り上げられていますし、最近ではNHKのドキュメンタリー番組として古武術の動きや考え方を紹介したものが放送されました。

今回これら古武術の身体操法の第1人者である甲野善紀先生のビデオを手がけた荒井寛さんを講師に招いて、中学生の選手たちに、うまく体を使い、楽に素早く、さらには力強く動くかということをテーマに、様々な動き方やトレーニング方法を学びました。
古武術の動きですからこれまでのわれわれの現代風な動きとは全く違うものでしたので、動きを取り入れたりするには多少の時間がかかると思いますが、それらをうまく体の中に取り入れることが出来れば、たとえば、ロナウジーニョやジダンのような素早く軽い身のこなしが出来てくるのではないでしょうか?

それではその一例を紹介します。皆さんも一度練習してみてください。詳しくは、小川コーチ、石田コーチも一緒に受講しましたので、聞いてください。
また、関商工サッカー部でもこうした理論を使いながら、ボールを奪う、ボールを奪われない、相手よりも早くボールに触るといったことを練習していますから、良かったらいつでも片倉グランドのほうへ来てください。

それでは、走り方の例について紹介します。
=走り方=
《考え方》 自分の体重を使う。
《方 法》 直立状態から、体を前に倒すと足が自然に一歩出ていきます。この動きを使うのです。ですから、次の一歩目も体を前に倒すようにします。(この時膝の力をカクンと抜く感じで行うと良い:膝を抜くといいます。) 
これを連続して行うことで、踏ん張らず体を前に押し出すことが出来ます。さらに肩の力を抜いて、前方に腕を突き出していくとこれまた、前に足が出ます。この2つの動きをあわせて、走れたら自然な形で足が出て、前への推進力が得られるわけです。
このときの走り方は、欽チャン走りか、吉本の坂田利夫が舞台で見せる滑稽な感じの走り方になりますが、足への負担が少なく練習しだいでは、日本記録も目指せますよ。(陸上短距離の末続慎吾選手はこの走りを取り入れて日本記録を樹立しました)
もっと知りたい人は、下のホームページ等を参考にしてください。
http://www.shouseikan.com/
http://www.team4u.jp/about/komori02_06.html

サッカー選手がボールを扱うとき、相手からのプレッシャーを受けていますが、両足で踏ん張っていては、ボールをコントロールできません。
「足が自由に動く状態で、相手からのプレッシャーに負けず、自由自在にボールをコントロールできる。」また、「狭いスペースで相手にぶつからないですり抜けることが出来る。」こんなプレーを実現するにはどのように体を使えばいいのか、皆さんもいろいろ工夫してチャレンジしてみてくださいね。

2006/2/9
FCフォレスタ関
監督 市川重明


投稿者: foresta 投稿日時: 2006-2-1 9:42:36 (3725 ヒット)

2006年2月分のスケジュールを掲載しましたのでお知らせ致します。

2/4よりトップチームも2006年度シーズンを開始します。
昨季同じ岐阜県1部リーグ所属しているFC川崎とモリシンズが東海2部リーグへ昇格したため、今季トップチームは東海リーグ入替戦へ進むための条件である県リーグ2位以内確保するチャンスです。チーム一丸となって頑張りますので皆様の応援よろしくお願い致します。


« 1 ... 180 181 182 (183) 184 185 186 ... 188 »