ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
09/10/24対若鮎長良
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
投稿者: foresta 投稿日時: 2017-11-23 22:31:00 (121 ヒット)

2017 U14リーグ 第3節
飛騨市流葉公園


フォレスタ 0 - 1 アウトライン


先週は雨天中止となり2週間空いて今日のリーグ戦を迎えました。
何も出来なかった前節を修正する為には少し間が空いたのは良かったと思います。
サッカーの事はもちろん取り組む姿勢や準備のことまで気にして、いい雰囲気の中ゲームを迎えることができたと思います。


今日は会場が飛騨市ということもあり、長時間の移動や寒い気温の中キックオフから相手にプレッシャーを与えられるように声をかけて選手を送り出しました。

そのこともありボールを奪おうと相手にプレッシャーを与え奪うことまで出来ていました。
しかし時間の経過とともに集中力の欠落や体力的な余裕も無くなってルーズになるところが多くなりました。
これは今このチームが抱える課題の一つだと思います。
やれる事をいかに継続するのかチームとしてどのように試合を進めるのか、誰かがリーダーとなり引っ張って行く必要があると思います。
またいつまでも引っ張ってもらってばかりではいけないので個人がどのようにチームに貢献するのか考えてもらいたいです。

攻撃の部分では、せっかく奪ったボールがすぐ相手のもとに渡る事が多すぎたと思います。
自分がフリーなのに慌ててパスを出し相手ボールにしたり、判断のないプレーで相手ボールにしたりとまだまだ観る事に関してはやり続けないといけないです。

土曜日には次のリーグ戦があります。
明日のトレーニングで今日の反省を修正していきます。


投稿者: foresta 投稿日時: 2017-11-22 17:01:10 (107 ヒット)

本日11/22(水)のジュニアユース体験練習会は、天候の悪化が予想される為、中止とさせていただきます。

次回、
11/24(金)
下有知中学校グラウンド
19:00〜21:00

本日の振替
11/28(火)
下有知グラウンド
19:00〜21:00

に、ぜひご参加ください!

お待ちしております!





投稿者: foresta 投稿日時: 2017-11-20 12:25:45 (115 ヒット)

2017 U13決勝リーグ 第3節
TECOフィールド

FCフォレスタ関 vs SC岐阜VAMOS

決勝リーグ最終節、互いに全勝同士の対決。しかし戦績を見る限り明らかに相手が優位。ひとつ歯車が違えば大量失点も無くはない。そんな下馬評を覆せるのか?まあ、ぶち当たってみるしかないですね。
会場に到着すると、歓迎の雨が・・。寒い、もう一段冷え込めば雪なんだろうな〜。健闘中の選手達を応援に沢山のサポーターさん達が集まってきた。寒さに反比例して普段見ない顔ぶれもチラホラ。(みんな、期待されてるぞ〜)

14:30 基本的に前節とほぼ同じスタメンで入場。相手チームの体格の良さに目を惹かれつつキックオフ。
立ち上がりからパスミスが多い。相手も?否。キックの音が違う。
押され気味の展開で裏を気にしすぎてか、マークの間合いが遠い。右へ左へつながれている。
5分、やはり前を向くことを許し過ぎている。ペナ左へ切り込まれ被弾。いきなり0-1。
その後も状況は変わらず、シュートを浴び続ける。準備と球際の強さが足りず、前を向いた相手に加速を許し続けている。反撃を試みてもトップへ送るのがやっとの状況。
14分、ベンチが痺れを切らす。タッチ数の少ない5人(藤掛・恭心・藍人・水口・陸)の交代を試みて流れを問う。
その後、相手陣地に入る回数が増えてきた。しかし依然タテパスの後が続かない。
時折、交代で入ったOH義蔵が局面では競り勝つものの、その後がつながらない。
28分、フォレスタ最初のシュートを放ったのはCF森。GK弾きCKへ。DH瑛太が頭で(珍しっ!)合わせるもノーゴール。(一番驚いてたのは本人やないかい・・引き続き練習しましょ)
29分、DH一世のミドルがバーを越える。流れは変わって来てる、、と思った矢先、カウンターでピンチ。CB銀次郎とSB舞己が対応するも厳しさが足りない。打たれたシュートは枠外でヒヤリ。
前半終了直前、CF森がカウンターで抜け出す。並走する相手CBに挟まれながら、トップスピードのまま放ったシュートは威力十分。GKの手を弾きゴールマウスへ向かう。来たか!?いや、僅かにポストを横切った。
前半は1点ビハインドで0−1。

やはり色んな要素において相手が優位に立っている。
ハーフタイムでは、高いところからガンガンプレッシャーを掛けて奪っていこうと指示。控えていた4人(幸翼・康生・桜・快渡)を送り出す。

33分、対応が不安定の立ち上がり。相手にミドル/ロングを立て続けに食らうも、運よくGK昌大の正面。
相手ディフェンスラインで廻すボールをSH涼介がスチール!GKとちょうど中間へ転がる。ダメか?GKがバックステップ、イケる!涼介が拾う(嫌な予感がよぎる監督)、シュートがネットを揺らす(フェンスのね)、崩れ落ちるサポーター(と監督の信頼感)。
チャンスを掴めなかった直後、相手ミドルで追加点を許す。0−2。(キックの質の高さに感心するばかり)
これまでの試合、キックで度々チャンスを作ってきたSB玲央斗へ狙っていく様指示が飛ぶ。何故か反応したのはDH桜。シュートは当たってないが心意気や良し。全てのプレーからシュートへの意欲が滲み出ている。(というか決め打ちで判断が伴っていない・・・)
46分、地味に左サイドを安定させていたSB快渡がパスカットから繋ごうとするも通らない。(奪ってからが課題だね)
ここで関わりが少なく決定機を作り出せないCF謙臣に代わって、本日好調の森へ。
55分、CF森が左で受けたボールをドリブルでピッチを横断していく。本日数少ない収まったシーン。(練習したアレが出るか?)よしサポートは?アカン、見とれて突っ立ってる。(ダメだこりゃ)
56分、右へ展開したボールにSH康生が走る。相手DFは安定している。なかなかサイドを崩すことが出来ない。
サイズ、スピードが印象的な相手DF陣と渡り合える選手・・・監督が控えベンチを眺める。(いた!水口だ)
57分、水口をトップへ起用するも、前線の予測も足りず人数のかかりが薄い。間合いに入る前に廻され、旨味が出せない。
後半はそこそこ渡り合えた様な印象だが結局無得点で終了。

FCフォレスタ関 0ー2 SC岐阜VAMOS

力負けでしたが、決勝リーグ2位通過で次回、決勝トーナメントへ挑みます。




投稿者: foresta 投稿日時: 2017-11-12 21:37:00 (128 ヒット)

2017 U14リーグ 第2節
可児市塩河公園


フォレスタ 1 - 6 レスター


先週のゲームでの反省を確認し良かったところはそのままで課題として持ち帰ったことは修正して今日を迎えました。


しかし開始30秒での失点で全てのプランが崩れてしまいました。
それはグランドに来てからのチームの雰囲気がそのまま出てしまったからだと思います。
今日なんのためにこのグランドに来たのか今日のゲームをどのような結果にしたいのかをイメージしてグランドに来た選手は少なかったと思います。


勝つためには得点を奪わなくてはいけないこともあり、少しバランスが崩れてしまい攻め込まれることが増え何度もシュートまで持っていかれてしまいました。
前半の半分あたりでもちょっとした隙から失点をしてしまい0-2で前半を終えました。

後半は選手が勝つために色々なことを話し合いメンバーを替えて挑みました。
なかなか向こうにいった流れをこっちに持ってくることが出来ず次々と失点をしてしまいました。


しかし攻撃の部分では高い位置でのボール奪取からすぐに相手の嫌なスペースにボールを入れるといった狙い通りの攻撃で1点は返すことができました。

結果は1-6とまだまだでしたがこれもいい経験だと思います。


今日のゲームでチャンスをもらえた選手は少しでもチームに貢献しようとプレーしていたと思います。
しかしいつも通りでは必死になっている相手に勝つことは出来ません。
少しでも勝ち点を積み上げていくためにはちょっとしたミスや隙をしてはいけません。
それが分かってもらえたら今日の敗戦にも意味があったと思います。
また先週のようなゲームを継続することの難しさも改めて思い知らされました。

来週に向けてまたトレーニングで確認して・修正していきます。



投稿者: foresta 投稿日時: 2017-11-5 19:46:45 (167 ヒット)

2017 U13決勝リーグ 第2節
飛騨市流葉交流広場

FCフォレスタ関 vs 高山FC

前節の決勝リーグ初戦を白星で飾り、今節の結果如何では決勝トーナメントも見えてくる?
本来の実力より遙かに調子に乗っている選手達・・・。
どうせならこのまま乗せてしまおうといった空気で飛騨へ。
前日にU14リーグに出場した選手も数人いる、表情を見る限り疲れは無さそう、、大丈夫。
ムム!こら舞己!プラシャツの上からユニフォーム着とるやんけ!?(ダメかも・・・)

フォレスタボールでキックオフ。
開始早々、右サイドをめくられ最初のシュートを食らう。劣勢の立ち上がり。
ボールを奪うものの繋がらない。ピッチは濡れている。コントロールミスでディフェンスラインの裏へ流れてしまうボールが多い。
パスワークは相手が上手。DH瑛太が予測を当て、ピンチに繋がるパスに対応している。
5分、最初のチャンス。SH康生が仕掛けてCKへ。合わせたのはDH瑛太。外れるもベンチから喝采が。(ノリはいい)
11分、相手ボール。DH藤掛が起点となるパスをスライディングでブロック。(練習したね)フィジカルで劣りながらも頑張ってる。
14分、クリアミスがバイタルへ流れた。打たれる!?刹那、SH康生とCB銀次郎がスライディングでコースを消す!(そーだね練習したね)
17分、相手カウンター、枚数は?いや足りていない。CB甘楽がディレイで対応。猛然とカバーリングに走ったのはDH瑛太、間に合った。(チャレンジの声がかかる、瑛太から?いや監督だ)
前半終盤、劣勢は変わらない。切り替えとなるプレーに精度が無い。(基礎練だ基礎練だ)
前半は互いに得点無しで0-0。

後半はベンチで賑やかだった控え組を総投入。(頼んだよ)
立ち上がりは小康状態。(こらピッチでは静かなんかい)
37分、相手のミドル、いいシュートだ!GK昌大が飛ぶ、間一髪で上へ弾いた。
暫くピンチが続くも、失点の手前でなんとか堪えている。
49分、寄せの甘さからまたミドルを打たれる。GK昌大がしのぐ。流れは相手のまま。
52分、この日初めてテンポ良く繋がったパスが裏へ抜け出すCF涼介へ渡る。選択はループ。あっさり枠を外す。(逃げてちゃ流れは来ぬぞよ)
直後、カウンターで左サイドからのクロスに触れる相手CF、シュートは僅かに外れてヒヤリ。(運はまだある・・)
終盤、CF涼介がドリブルで仕掛ける。CBともつれながら転がったルーズボールが、なんと涼介の進行方向へ?シュートがGKの逆を突いた、終わりがけの決勝点。(運だけは持っている・・・)

FCフォレスタ関 1ー0 高山FC

実力が運に追いつくようにトレーニングですね。





« 1 (2) 3 4 5 ... 182 »