ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
08/08/08キッズスクール
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
投稿者: foresta 投稿日時: 2017-10-23 18:48:21 (151 ヒット)

2017 U13リーグ第4節

関市中池多目的

FCフォレスタ関 1ー2 若鮎長良FC

台風接近による悪天候で開催が危ぶまれるなか、なんとか少雨でキックオフ。

立ち上がり5分、右サイドから立て続けにチャンスメイクされピンチを招くも、GK昌大が3連続セーブ!(これで熱くならなきゃ〜何が仲間だ。)
するとシュートまではいかないものの相手陣地へボールを進められるように変化が、やはり流れは揺らぐ、、?
直後10分、中盤でロストしたボールを劣勢の右サイドへ流される。SB水口とCB甘楽で塞ぎに行くものの、相手はゴールを見ている・・速い!放たれたシュートはファーサイドへ吸いこまれ失点1。
劣勢のサイドと逆の左SB舞己からチャンスを窺う、SH涼介がペナへ切り込むも打てず、その後スルーパスに抜け出したCF謙臣がキーパーと1vs1か?いやオフサイド。
決定機があと一歩作り出せない。
22分、中盤ロスト〜右サイド・・デジャヴのように2失点目。
ベンチが動く、SB玲央斗とDH義蔵を投入、攻撃にパワーを。
左に呼応して右SH康生も走る。
28分、CF謙臣が裏に抜け出しシュート!×
29分、SH涼介が切り込んでシュート!!×
ゴールには至らず前半終了。

後半は残りのメンバーを総投入。
すると一転、フォレスタペースへ。
OH義蔵からのボールをSH恭心がシュート!×
左からのボールをDH桜がバイタルへ流しCF森へ渡る?いやオフサイド。
流れは悪くない。相手もラインを上げてくる。
すると、奪ったボールがハーフウェイに残っていたOH義蔵へ。並走する相手DFに負けない!相手キーパーと1vs1、流し込んだシュートがネットを揺らす、まだ20分ある!
相手トップへ入るボールをCB幸翼が再三奪う、依然攻勢は続く。
雨の影響か、SB玲央斗のクロスがスウィートスポットへ落とせない。
味方のタメからDH桜の放ったシュートも逆足では遠い。
SH恭心がペナへ突入もフィニッシュまで至らず。
後半7本のシュートを放つも得点は1。
もうワンチャンスを掴むことができず終了。

次は予選リーグ最終戦となります。






投稿者: foresta 投稿日時: 2017-10-11 15:42:40 (165 ヒット)

2017 U13リーグ 第3節

北西部運動公園グランド


FC.フォレスタ関 0-0 岐阜西SC

開幕戦から2連勝と勢いに乗って迎えた第3節。この調子で3連勝と行きたかった試合でしたが、勝ちきる事が出来ず、引き分けに終わりました。

開幕戦かのように緊張している選手達。
キックオフ開始早々から、動きの堅さに違和感を感じながら、見守る展開が続きました。前半15分、何とか修正しようとポジションをチェンジしながら色々やりましたが、相手のプレシャーも早く、上手くボールが回らない事に焦りロングボールに頼る展開になって行きました。

後半、残りのメンバーを入れ替え相手ゴールを狙います。

後半開始早々、良い形から相手ペナルティまでは運ぶもシュートまでは打たせてもらえず、我慢の時間が続きました。
後半16分、右からのクロスに謙臣がシュート。続く18分にも涼介がシュートをするも得点には繋がらず、時間が残りわずかとなりました。
残り5分、ディフェンスのリスクを承知で前に人数を掛けるよう指示。
最後まで諦めずゴールを狙い続けるも試合終了。

第3節を終了して2勝1分、勝ち点7。
目標の決勝リーグ進出は最終節まで縺れる感じとなりました。






投稿者: foresta 投稿日時: 2017-10-4 12:56:28 (409 ヒット)

第28回岐阜県中学生サッカー選手権大会出場決定戦
岐阜県フットボールセンター

フォレスタ 3 - 0 星和中学校


中学生最後の公式戦である今大会に向けて、U15リーグが終了してから出来うる限りのことを日々のトレーニングにおいて取り組みこの試合に臨みました。

リラックスしつつも適度な緊張感を保ちながらトレーニングを行うことが出来、良い雰囲気で試合に挑むことが出来ました。

しかし、負ければ敗退のトーナメント戦ということもあり、試合開始時はさすがに選手たちも硬くなっていたように感じました。

そんな中、自分たちのアクションから相手DFを崩し、ゴールを奪うことに成功しました。

チームとして取り組んでいる、お互いの共通意識からの攻撃による得点は選手たちの更なる自信となったと思います。

開始早々のゴールはチームに落ち着きをもたらし、試合を優位に進めることとなりました。

落ち着きを取り戻した選手たちは自分たちのペースでボールを保持し、相手ゴールへと迫るシーンを多く作ることが出来ましたが、攻撃のリズムを作りながらも追加点を上げられないまま前半戦を終えました。

ハーフタイムに細かい部分の修正を図り、後半戦にはようやく追加点を挙げることが出来ました。

ですが、相手のミスに助けられた得点でもありました。

最終的には3得点で勝利を収めることが出来ましたが、課題も選手それぞれが感じたと思います。

守備の部分では、無失点ではありましたがゴールへ迫られるシーンも少なからずありました。

その前の段階で防ぐことが出来なかったのか、その前にボールを奪取しなければならない場面はなかったのか、思い返してもらいたいと思います。

パスの少しのズレや冷静さを欠いたフィニッシュなど、ゴールを奪うために必要な部分にまだまだ修正の余地があると感じました。

ゴールを奪い勝利を手にするために、少しでも改善していかなければならない点だと考えます。


いよいよ次週から、本戦が始まります。

より緊張感の高い、より激しい試合となるでしょう。

次のステージへ進むには勝利するしかありません。

選手たちは勝利する方法をもう身に付けています。

試合の中で、形として、結果として表すことが出来るかどうかです。

勝利という結果を求め、やり残したことのないよう、限られたトレーニングの時間を有意義なものにしていきましょう。






投稿者: foresta 投稿日時: 2017-10-3 16:23:05 (100 ヒット)

リーグ8節 2017.10.01 Vamola白川戦 

      レイジ

ムライ イシダ イシダ イワイ

   ユウト  フルタ

 ウメ         カク

   チヒロ  リョウタ


        1−0
フォレスタ 4 3−0 0 Vamola白川

交代 トモヤ シンノスケ

得点 チヒロ◆.ク トモヤ

戦評
 第7節が台風で延期となり、、、第8節はすっかり秋の訪れを感じながら、和紙の里グランドでVamola白川と対戦した。

立ち上がりに課題が見えるフォレスタだが、今日は積極的にスタートを切ることが出来た。
チヒロ、リョウタが相手DFの裏を狙う事で相手のDFラインが下がりスペースが出来る。

スペースが生まれたことで中盤で余裕を持ってプレーできフォレスタにチャンスが訪れる。

・フルタから、前線へ走り出すリョウタへパス、、、相手を抜きシュートを打つが、、枠を外れる

・またまたフルタがリョウタを走らせる、、、しかしリョウタのシュートはポストに弾かれる

・今度はサイドからのクロスボールが相手ゴール前に、、、ウメがシュートを放つが、、、またもポストに弾かれる。。。

絶好のチャンスを立て続けに外す。 ゴールが遠い。

しかし前半15分カクからボールを受けたチヒロがGKを抜きゴールを決める。
  
 その後も攻撃の手を緩めず戦う事が出来たが追加点は奪えず前半終了。

後半に入り試合は直ぐに動いた。

後半5分、CKをチヒロがヘディングで折り返しドンピシャで走り込んだカクがゴールを決める。

 2点目が入り勢いに乗ったフォレスタはトモと新加入のシンノスケを投入する。

両サイドバックのムライ、イワイも積極的に攻撃に参加しリズムができる。

すると、、
後半15分にカクからボールを受けたチヒロがシュートを放ちゴール!3点目!

少し疲れが見え始め足が止まり、簡単にボールを奪われてしまい相手に押し込まれる時間帯があったが、チャンスを作らせない。
するとダメ押しとなるゴールを途中出場のトモが決め!!試合を決定付ける。
 
こうなると悪い癖が出るフォレスタは、攻めに意識がとられてしまい、前線に人数集結。。バランスが崩れてしまい、ルーズボールが拾えない場面が多くなる。
 
1試合をどの様に組み立てて行くかが今後の課題となった。
 
 のこり2試合!!勝って入れ替え戦への切符を掴み取りたい。


 次回、第9節 10月29 対戦 ののの








投稿者: foresta 投稿日時: 2017-10-1 21:53:01 (129 ヒット)

2017 U13リーグ第2節


可茂特別支援学校


FCフォレスタ関 4ー0 多治見FCESFUERSO


開幕戦での公式戦初勝利に続き、勢いに乗りたい今節でした。


前半、右SH&SBを主体にチャンスを作り出しクロスやCKからシュートを繰り出すものの、全て空を切る。
ならばとOHが正面突破を試みるも詰めきれない。
シュート9本で無得点。


ハーフタイムのミーティングでは、決定力について確認。


後半、残り9人を総入れ替え。
立ち上がりに相手GKとの1✕1を決められず、またかといった空気が漂う…。
直後にOHの放ったミドルシュートのこぼれ球を叩き込んだのは先程ミスのCF、集中力は欠いてなかった!
先取点がチームに躍動感をもたらす。
各局面でボールを奪い続け、右SHが追加点、右からのクロスを左SHが頭で3点目(直前の同じシーンは枠外だけど…)、中央からOHのミドルで4点目。
後半放ったシュートは25本、、
課題はそのまま残りましたが、連勝で次節に望むことができました。






« 1 2 (3) 4 5 6 ... 181 »