ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
11/03/19 5期生卒団式
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
投稿者: foresta 投稿日時: 2017-11-5 19:46:21 (119 ヒット)

2017 U13決勝リーグ 第1節

TECOフィールド

FCフォレスタ関 vs 帝京大可児中学校

振り返れば13リーグ開始時に定めた目標=決勝リーグ進出
その舞台に立っている・・・
成長の真っただ中にいる選手達、そうならばイケる所までいけ!

夕日が沈むTECOフィールド、16:30キックオフ
6分、ペナ内からの相手のクロスをCB銀次郎がスライディングでブロック(練習したね)、その後の相手CKからのヘッドが1stシュートとなった。
その後膠着した状態が暫く続く。
12分、やや劣勢の中獲得したCK、ペナ右でこぼれをCF森が拾う(体制が悪い)、不自然に放ったシュートはゴールと並行のコースへ・・(足が逆だ)
18分、右サイドの裏を取られピンチもオフサイド、立て続けにシュートを浴びるもののなんとか失点には至らない。(やはり劣勢だ)
20分、ベンチが動く、持ち前の配給が生かせないOH陸に代わって善蔵へ。
23分、CBがもつれたボールを拾ったGK昌大のプレーがバックパス判定、相手FKへ。クロスから失点。(0-1)
27分、OH義蔵のドリブルからSH涼介のクロス?(当てぞこない)、直後もこぼれ球をDH瑛太が、、いや、威力が無い。(よし、皆まだ基礎練だべ)
前半は1点ビハインドで0−1。

ハーフタイム、プレッシャーのかけ方+球際のプレーでまだやれる余地がある!
=イケるぞと控え選手全員を送り出す。

35分、SH涼介→CF謙臣→SH康生シュートも枠外。DH一世→SH康生シュートもまた枠外。
38分、遠目からのFK、DH桜からのロングフィードをSH康生が拾う、惜しい。直後SB玲央斗がCK、リバウンドを左脚。ゴールマウス左へ。合わせれない。
39分、相手のビルドアップをDH桜がスライディングで切る。(練習の成果が出ているね、そしてノリノリだね)
43分、カウンターでピンチを迎えるが枠外でセーフ。
それでもフォレスタペースだ。SH康生が裏へ走り続ける。CKからDH一世が頭でシュート!ポストに跳ね返りゴールラインを超えた!(1−1)
52分、今日のFKはスウィートスポットを外さない玲央斗!もつれたボールはCKへ。ゴール正面の混戦、とにかくさわれ!ボールが動いた、ネットが揺れる!!誰だ?(謙臣だったのね)逆転で2−1。
終盤、相手も前へ掛けてくる。SB快渡がしぶとく対応、ペナには入れさせない。
流れを譲らない。ホイッスルが校舎に響いた。
決勝リーグ初戦は白星で終了。

FCフォレスタ関 2ー1 帝京大可児中学校

次節は明後日、引き続きチャレンジャ−でのぞみましょう。




投稿者: foresta 投稿日時: 2017-11-4 20:59:00 (100 ヒット)

2017 U14リーグ 第1節
中池多目的

フォレスタ 0 - 1 レインボー垂井


中学2年生で唯一の公式戦である今大会を目標にして、日々のトレーニングやゲームに取り組んできました。


U13リーグとは違いこれからの活動に影響のあるリーグ戦ということもあり緊張感や責任感がみえるトレーニングを取り組んでくることが出来ました。
そんな雰囲気のまま、自分たちで声を出して意見をぶつけ合っているのは良くなったことだと思います。


これまでのトレーニングで取り組んできた「人との距離の意識」については味方・相手との距離間を気にしながらプレーすることができていたと思います。
特に守備について、縦パスのインターセプトやボール奪取の回数が増えたことに関しては選手たちにも自信がついたと思います。

そういった守備もあり前半はスコアレスでハーフタイムを迎えました。


ハーフタイムではポジショニングや最後のフィニッシュについての細かな修正をして後半を迎えましたが、ちょっとしたミスから失点をしてしまい0-1での敗戦となりました。
もちろんミスは良くないですが、そこまでボールが運ばれた過程や他の選手がカバー出来ていたのか・意識していたのか確認して修正しなくてはいけないと思います。


攻撃の部分では、無得点で終わってしまいましたが決してノーチャンスではなくもう一歩のところまで迫れていたと思います。

しかし決め切れなかったところやラストパスの精度に関しては持ち帰ってトレーニングしなくてはいけない課題だと思います。
まだトレーニングとしてやれていないところではありますが今後に向けてもやらなくてはいけないと思います。

リーグの初戦という意味では今後に向けてやならくてはいけないことがはっきりしたゲームだったと思います。
ただ今月毎週のように続くリーグ戦ですが、今日のようないい内容でも負けていては勝ち点0のままです。

今日のゲームを分析して明日からのトレーニングで修正・改善していきましょう。


投稿者: foresta 投稿日時: 2017-11-1 12:47:44 (247 ヒット)

リーグ9節 2017.10.29 ののの戦 

      レイジ

ムライ イシダ ユウヤ イワイ

    ユウト  フルタ

チヒロ          リョウタ

    クボタ   カク


         5−0
フォレスタ 12 7−0  0 ののの

交代 トモヤ シンノスケ ウメ

得点 チヒロぁ.ク フルタ .ボタ ユウト

戦評
 第9節は台風22号の影響で大雨の中KYBグランドでのののと対戦した。

リーグ戦残り2試合は県リーグ入れ替え戦出場の切符を手に入れる為に絶対に負けられない。

 試合は相手が人数不足もあり、、、フォレスタの一方的な展開となった。  

前半3分に先制点を奪うと立て続けにゴールを量産。。。

チヒロが4得点!! クボタが1得点と 前半だけで5得点。

後半には相手がまさかの一発退場で更に数的有利となったフォレスタは、カクが3点。クボタが2点。フルタとユウトがそれぞれ1点を決める。

グランドコンディションが悪い中、数的有利を最大限に生かした戦い方でゴールを量産できた。

 チヒロ、カク、クボタの3人がハットトリックの大活躍!!

次の試合が最終戦となり上位決戦となる。

気持ちを引締めて戦いに望みたい。

 次回、最終節 11月5日 対戦 白鳥






投稿者: foresta 投稿日時: 2017-10-30 8:31:19 (209 ヒット)

2017 U13リーグ第5節

飛騨市流葉交流広場

FCフォレスタ関 vs 高山FC

前節に続いての雨天を心配しつつ、予選リーグ首位 高山FCの待つ飛騨へ。
もし勝点3が掴めれば、決勝リーグへの展望。
ピッチはまだ乾いている、が、アップ早々に気づく。
この人工ピッチ・・速い。

球足の速さを懸念しつつ、フォレスタボールでキックオフ。
乗っけから収まらない、バタバタしてる。
5分、CKから最初のシュートを放ったのは高山FC。外れたものの直後、左をえぐられクロスがゴール前を横切りピンチ+CK+FK。劣勢が続く。
13分、DH一世から裏へ抜ける右SH藍人へのスルーパス。強さ、回転もバッチリだ!?いやまだ長い。少ないチャンスもまだシュート無し。
15分、CB前で相手に拾われ過ぎている・・ベンチが動く。DHへ義蔵を投入。
17分、DH義蔵が身体を張る(意図を汲んだかの〜)ファールを貰いFK。ブロックされるが流れに変化が。
SH藍人のシュートは僅かに枠外へ。SH涼介が相手キーパーと1vs1、躱す脚がズレる!PKか?いや無い。
戦況は五分、ピンチも続くがCB銀次郎とSB舞己を中心に失点は許さない。
25分、SHへ康生とOHへ謙臣を投入。
28分、SH康生からのパスを、絞っていたSH涼介がトップへ流す、CF森の放ったシュートがGK横を転がる、、入った!フォレスタ先制で前半終了。
FCフォレスタ関 1−0 高山FC

後半からはDHに桜、CBに幸翼、SBに玲央斗と快渡を投入。バランスがシビアな試合だ、立ち上がりから一進一退が続く、プレッシャーが遅れて打たれてヒヤリ。様子を見ながら選手を入れ替えて進めていく。
9分、相手GKへのバックパスをCF謙臣が詰める、惜しい。直後ゴールキックをカット、OH善蔵が二人に挟まれながらも切り込む、GKブロックか?いやゴール!追加点。
16分、相手も前に来ている。GK昌大の不用意なパスを奪われトップへ。止められずそのまま失点。1点差に詰められる。
20分、微妙な戦況を前半から陰で支えていたのはDH一世。ピッチに順応し球を落ち着かせ、SHを走らせる。涼介の放ったシュートはGK正面。
24分、CKのリバウンドをSB玲央斗が叩く!抑えのきいたシュートはGKがブロック。
25分、相手の放ったシュートは回転がマズイ・・マウス左上へ巻いている。GK昌大がバックステップ、精一杯のばした右手が微かにボールの軌道を変えた。ヒヤリ。
29分、最後のピンチをなんとか防ぎ、後半同点でホイッスル。

FCフォレスタ関 2−1 高山FC

ブロック2位で決勝リーグへとなりました。






投稿者: foresta 投稿日時: 2017-10-23 18:48:21 (162 ヒット)

2017 U13リーグ第4節

関市中池多目的

FCフォレスタ関 1ー2 若鮎長良FC

台風接近による悪天候で開催が危ぶまれるなか、なんとか少雨でキックオフ。

立ち上がり5分、右サイドから立て続けにチャンスメイクされピンチを招くも、GK昌大が3連続セーブ!(これで熱くならなきゃ〜何が仲間だ。)
するとシュートまではいかないものの相手陣地へボールを進められるように変化が、やはり流れは揺らぐ、、?
直後10分、中盤でロストしたボールを劣勢の右サイドへ流される。SB水口とCB甘楽で塞ぎに行くものの、相手はゴールを見ている・・速い!放たれたシュートはファーサイドへ吸いこまれ失点1。
劣勢のサイドと逆の左SB舞己からチャンスを窺う、SH涼介がペナへ切り込むも打てず、その後スルーパスに抜け出したCF謙臣がキーパーと1vs1か?いやオフサイド。
決定機があと一歩作り出せない。
22分、中盤ロスト〜右サイド・・デジャヴのように2失点目。
ベンチが動く、SB玲央斗とDH義蔵を投入、攻撃にパワーを。
左に呼応して右SH康生も走る。
28分、CF謙臣が裏に抜け出しシュート!×
29分、SH涼介が切り込んでシュート!!×
ゴールには至らず前半終了。

後半は残りのメンバーを総投入。
すると一転、フォレスタペースへ。
OH義蔵からのボールをSH恭心がシュート!×
左からのボールをDH桜がバイタルへ流しCF森へ渡る?いやオフサイド。
流れは悪くない。相手もラインを上げてくる。
すると、奪ったボールがハーフウェイに残っていたOH義蔵へ。並走する相手DFに負けない!相手キーパーと1vs1、流し込んだシュートがネットを揺らす、まだ20分ある!
相手トップへ入るボールをCB幸翼が再三奪う、依然攻勢は続く。
雨の影響か、SB玲央斗のクロスがスウィートスポットへ落とせない。
味方のタメからDH桜の放ったシュートも逆足では遠い。
SH恭心がペナへ突入もフィニッシュまで至らず。
後半7本のシュートを放つも得点は1。
もうワンチャンスを掴むことができず終了。

次は予選リーグ最終戦となります。






« 1 2 (3) 4 5 6 ... 182 »