ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
15/07/18.19.20キエセ蟷鄂ノ
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
投稿者: foresta 投稿日時: 2018-11-6 15:55:44 (106 ヒット)

2018 U13リーグ 1stリーグ(B) 第2節
11月4日(日)
キャプテン翼スタジアム

フォレスタ 0ー3 翼SCレインボー垂井FC


上位リーグのレベルを痛感させられた前節より1週間。

短い時間の中で、少しでも修正を図るべくトレーニングに励み、第2節を迎えました。

前節同様、試合開始早々に得点を献上してしまいました。

こちらのミスにより失点をしており、そのミスも技術的なミスではなく、一瞬の判断ミスによるものからの失点でした。

ですが、U13リーグを通して、良くも悪くも失点することに慣れてきており、試合開始早々の失点ではこれまでのように気落ちすることなく、攻撃に転じる姿勢が見られたように思います。

その攻撃では、自分たちの意図しているイメージを形にする場面を作り出すことが出来ていましたが、フィニッシュ手前の段階での技術的なミスや、意思の疎通が合わないミスによって決定機を作るまでに至らず、ゴールを奪うところまで辿り着けずにいました。

後半、相手の攻撃の勢いは衰えず、稚拙な守備から追加点を与えてしまいました。

防がなくてはならない、自分たちの所為で招いた失点でしたが、下を向いている時間はありません。

なんとかパワーをもって攻撃に移りますが、やはりフィニッシュ手前の段階やフィニッシュの部分で決め手を欠き、三度こちらの簡単なミスから失点を喫し、試合終了となりました。

結果は望ものとはなりませんでした。

原因ははっきりしていると思います。

選手たちには日ごろから働きかけていますが、原因は日常の習慣、トレーニングの習慣にあると考えています。

トレーニングでは通用してしまうようなミスも、ゲームでは通用しません。

トレーニングで気づけない相手のミスは、ゲームでは相手に付け入る隙を与えることになります。

一瞬の判断の差、一瞬の行動の差で勝負は分かちます。

選手たちは上位リーグを戦う中で、そのことは身をもって実感していると思います。

急激に変化することはありません。

しかし、のんびりしている時間もありません。

リーグ戦はまだ残っています。

攻撃のイメージは確実に形になってあらわれています。

それを惜しかったで終わらせることなく、ゴールという終着点に到着させるために、そして上位チームとの差を縮めるために、選手それぞれが意識をもって日常の習慣を選手変えていってもらいたいと思います。





投稿者: foresta 投稿日時: 2018-10-30 15:52:47 (122 ヒット)

2018 U13リーグ 1stリーグ(B) 第1節
10月27日(土)
キャプテン翼スタジアム

フォレスタ 1ー3 CELESTINO CF


上位リーグ初戦は、先日完成したばかりのキャプテン翼スタジアムでのゲームとなりました。

予選リーグ終了から間隔がない中、それでもこれまでの課題を少しでも改善しようと、1週間トレーニングを行い、初戦に臨みました。

しかし、試合開始直後に自陣ペナルティエリア内でファウルを犯し、PKによる得点を与えてしまい、早々に追いかける展開となってしまいました。

そのファウルも不運なものではなく、相手との駆け引きに未熟な部分があり、適切な対応が取れなかった事が、PKという形での失点につながったと思います。

試合開始直後ということもあり、まだまだ慌てる必要がないことは選手たちも理解していたとは思いますが、早々に失点したことは少なからずプレーに影響を及ぼしていたように見えました。

ゴールへ急ぐあまり、準備が出来ていない状態で前線にボールを運んでは簡単にマイボールをロストし、真ん中真ん中の配球で、相手ゴールキーパーに簡単に処理され、攻撃の時間を作り出すことが出来ず、それは守備の時間が多くなることにつながり、追加点を与えてしまう結果となりました。

自分たちの狙いをほとんど形にすることが出来ず、ハーフタイムを迎えました。

ハーフタイムでは、自分たちの置かれている状況、相手のストロングポイント、そしてウィークポイントを整理し、なにをしなければならないのかを確認し、後半に挑みました。

すると、後半は前半と比べて、相手陣内でプレーをする時間が多くなりました。

相手ボールの時間も多くありましたが、それでも自陣に侵入させる時間は少なくなったと実感しました。

それは相手ゴールへ近づいているということであり、徐々に相手ゴールへ迫るシーンも作れるようになってきた中、ようやくゴールを奪うことに成功しました。

反撃の勢いを増していきたいところでしたが、自分たちのミスで勢いを追加点という形にあらわすことが出来ず、反対にこちらの勢いを挫かれる追加点を与えてしまい、そのまま試合終了となりました。

やはり上位リーグのレベルはこれまでのゲームとは比べ物にならないほどの違いがあると思います。

それは技術なのか、メンタルなのか、フィジカルなのか、頭脳なのか、選手たちには今一度考えてもらいたいと思います。

そして、それを考えた上で、自ら行動に移してもらいたいと思います。

この自ら行動に移すという部分が、このチームは圧倒的に不足していると考えます。

更なる成長の為に、より良い結果の為に、選手それぞれの行動の変化に期待します。






投稿者: foresta 投稿日時: 2018-10-24 10:41:59 (121 ヒット)

2018 U13リーグ第4節
10月20日(土)
流葉交流広場

フォレスタ 0ー0 アウトラインFC


台風の影響により延期となっていた予選リーグ最終節は、前節よりおよそひと月空いての開催となりました。

この日の飛騨は風が強く、時折小雨が降り、冬の始めのような気温の中での試合となりました。

相手はここまで3連勝で、上位リーグ進出を決めているアウトライン。

こちらは前節の敗戦が響き、上位リーグ進出の為に絶対に負けられない状態。

という対照的な状況のチームの対戦です。

ゲームは序盤から激しいプレッシングの応酬となり、お互いに相手ゴールに効果的に近づくことができない展開となりました。

相手は上位リーグ進出を決めているものの、攻守において厳しさをもってプレーしていました。

こちらもマイボールを大切にし、自らアクションを起こし相手の背後を突く攻撃を仕掛け、守備では中盤から厳しくプレッシングを行い、DFラインとGKによるカバーリングで相手の攻撃を防ぐ、一進一退の前半戦となりました。

前半はお互いに決定機を迎えるまでに至らせない好ゲームとなりました。

ハーフタイムでは、攻守においてお互いの距離感を確認し、守備の意識は保ちつつ得点を奪うために攻撃の意識を強めることを共有しました。

後半になっても、相手の攻撃のパワーは緩むことがなく、前半よりも守備に追われる時間が多くなりました。

しかし、守備意識を高く保てており、相手にペナルティエリアには侵入させず、またミドルシュートに対しても体を張り、効果的にシュートを打たせない守備が出来ていました。

そして相手の攻撃のパワーが強い分、跳ね返した時のカウンターは効果を発揮することとなりましたが、フィニッシュの部分に技術を欠き、ゴールを奪うまでに至りませんでした。

最後まで相手の攻撃のパワーは衰えず、試合終了まで必死に耐え、攻撃を凌いでなんとかゴールを奪われることなくスコアレスのまま試合は終了しました。

終盤は守備に追われ、攻撃に転じる機会も少なくなり、ピンチの場面も少なからずありましたが、予選リーグを通して無失点で終える試合は初めてであり、この部分には自信を持ちたいと思います。

この結果、リーグ2位が確定し、上位リーグ進出が決定しました。

目標としていた上位リーグへの進出を達成することが出来ましたが、あくまでも第一段階を突破したに過ぎません。

次の目標は、上位リーグの突破、決勝トーナメントへの進出です。

上位リーグの相手は各予選リーグを勝ち上がってきたチームであり、どの試合も厳しいものになると思います。

ですが、こちらも予選リーグを勝ち上がったチームであり、そのことに自信を持ち、続く上位リーグへの戦いにしっかりと準備をしていきたいと思います。

間が空かずにすぐに上位リーグは始まります。

決勝トーナメント進出を目指し、限られた時間の中で更なる成長を図れるよう、良い緊張感を持ってトレーニングを行いましょう。


投稿者: foresta 投稿日時: 2018-10-1 0:31:53 (211 ヒット)

2018 高円宮杯決定戦
フットボールセンター

フォレスタ 0 - 4 聖和中


U15リーグも終わり残された大会も高円宮杯だけとなりました。
リーグの結果により出場するには今日の決定戦に勝たなければなりません。

リーグが終わってから数週間は今日のために準備をしてきました。
特にこの1週間は先週のTMでの反省を確認しながら細かな部分まで気にする、質を上げることを徹底してきました。

当日は雨が降っていることからピッチ状況を考えたプレー、はっきりとしたプレーをするように声をかけてキックオフを迎えました。


スタートは良い入りができたと思います。
相手も勢いを持って来ていたので相手の背後を使うという狙いが上手くはまっていました。
しかし背後へのボールもスリップしてマイボールにするまでは至っていませんでした。

次第に相手に攻められる時間が増えていき、前への推進力がなくなってきてしまいました。
そういった時間帯に先制点を奪われてしまい追う展開となりました。

勝つ為には点を奪わなくてはいけないがなかなか自分たちの思うようにいかないことに苛立ってしまい、チームとして戦えなくなっていました。

一度狂った歯車を元に戻すには冷静になることや時間が必要でしたが、それ以上にリーダーとなってまとめる選手か必要でした。

0-2でのハーフタイムではそういったことについて声をかけました。

チームとして戦えていたのか?
仲間の選手のミスをカバーしようとしていたか?
どんな声を掛け合っていたか?

全ての部分でいつも通りやれていなかったと思います。


後半は少し冷静になり反撃の為にプレーしました。
しかし最後までどこか上手くいかず得点を奪うことが出来ませんでした。

今日は最初から最後まで上手くいきませんでした。
もちろん負けられないというプレッシャーはあったと思います。
雨が降っていなかったら。
リーグ戦と同じような戦いができたら。

タラレバはたくさん出てきます。
正直言ってまだ整理がついていない状態だと思います。

しかし、全ての選手が必死に勝とうとしていたと思います。
0-4での敗戦となりましたが決して最後まで諦める選手はいませんでしたし、プレーを止める選手もいませんでした。


高円宮杯に出て少しでも長く真剣勝負をしたかったと思いますが今日の敗戦がフォレスタとしての最後の公式戦となりました。

これからは勉強というサッカーとはまた違う勝負をしなくてはいけませんが、フォレスタというチームのために、下級生のために何が出来ないかと考えてもらえたらと思います。

また卒団まではまだまだ時間はあります。
真剣勝負の大会は終わりましたがこれまで一緒に戦ってきた仲間と楽しくサッカーをしましょう。


投稿者: foresta 投稿日時: 2018-9-26 15:33:14 (221 ヒット)

2018 U13リーグ第2節
9月22日(土)
中池グリーンフィールド

フォレスタ 2ー1 高山FC


初戦に勝利した勢いを持ったまま迎えたい第2節でした。

しかし、前日のトレーニングでは守備意識の低さから、コーチに雷を落とされてしまう様なチーム状況でした。

雷の甲斐があってか、試合当日は相手の速い攻撃になんとか喰らいつき、体を張ったシュートを打たせない守備により、ピンチを未然に防ぐことが出来ていたのではないかと思います。

高く意識を保った守備は攻撃に転じるきっかけとなり、前半に先制点を奪うことに成功しました。

後半も相手の攻撃を凌ぐ展開となりましたが、失点をセットプレーからの1点に留め、こちらもセットプレーからの追加点を挙げ、勝利を収めることが出来ました。

相手の攻撃に対応して守備意識を高く保ち、対応することが出来ていた部分に一定の成長が見られたと思います。

が、試合前日の守備意識の低さ、コーチの雷が落ちてからの変化、を考えると選手たちはまだまだピッチ上で自立が出来ていないと言えます。

また、今節での課題として、ゴールを決めるためのシュートのイメージが不足していると感じました。

守備は受け身の部分が多いですが、攻撃は自分たちから発信してゴールに向かわなければなりません。

自ら発信出来ない選手には相手DFを打ち破ることは到底できないと思います。

この試合で身に付けたことは継続し、課題として見られた点は少しでも修正・改善を図り次節に向かいます。



2018 U13リーグ第3節
9月24日(月・祝)
中池多目的グラウンド

フォレスタ 3ー4 KGP(B)


前節から中1日ということもあり、中日のトレーニングは疲労も考慮し低めの強度で、前節の課題でもあった攻撃のイメージを形にする部分に取り組みました。

低めの強度ということもあり、楽しくリラックスしながらゴールに向かうイメージを共有することが出来たと思います。

その効果はてき面に試合にあらわれ、効果的に相手ゴールに迫るシーンを以前よりも多く作ることが出来ました。

フィニッシュの部分での技術力が不足し、数あるチャンスの数に対して多くの得点という結果に結び付けられていないところはまだ改善の余地があると思います。

それでもスコアはリードしており、余裕を持った試合展開であるはずなのですが、これまで積み重ねていたはずの守備の水準が著しく低く、失点を重ね、自ら攻撃のリズムさえも失い、最終的に逆転を許してしまう結果となりました。

試合の中で選手それぞれが声を掛け合い守備の修正をはかれなかったことは、チームとしての未熟さを表していると思います。

いくらゴールを奪うことが出来た内容でも、それぞれが守備の役割を果たしていなければ、このような試合結果になることを、選手たちは痛いほど身に染みたと思います。

この試合を経て、選手たちの試合に臨む日々のトレーニングに取り組む姿勢がどのように変わり、試合に対してどのように挑むのか、それがより良いものになることを期待して、コーチとして選手をサポートしていきたいと思います。


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 192 »