ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
09/11/15対岐阜蹴球
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
ジュニアユース : 2018 U13リーグ 1stリーグ(B) 第1節
投稿者: foresta 投稿日時: 2018-10-30 15:52:47 (108 ヒット)

2018 U13リーグ 1stリーグ(B) 第1節
10月27日(土)
キャプテン翼スタジアム

フォレスタ 1ー3 CELESTINO CF


上位リーグ初戦は、先日完成したばかりのキャプテン翼スタジアムでのゲームとなりました。

予選リーグ終了から間隔がない中、それでもこれまでの課題を少しでも改善しようと、1週間トレーニングを行い、初戦に臨みました。

しかし、試合開始直後に自陣ペナルティエリア内でファウルを犯し、PKによる得点を与えてしまい、早々に追いかける展開となってしまいました。

そのファウルも不運なものではなく、相手との駆け引きに未熟な部分があり、適切な対応が取れなかった事が、PKという形での失点につながったと思います。

試合開始直後ということもあり、まだまだ慌てる必要がないことは選手たちも理解していたとは思いますが、早々に失点したことは少なからずプレーに影響を及ぼしていたように見えました。

ゴールへ急ぐあまり、準備が出来ていない状態で前線にボールを運んでは簡単にマイボールをロストし、真ん中真ん中の配球で、相手ゴールキーパーに簡単に処理され、攻撃の時間を作り出すことが出来ず、それは守備の時間が多くなることにつながり、追加点を与えてしまう結果となりました。

自分たちの狙いをほとんど形にすることが出来ず、ハーフタイムを迎えました。

ハーフタイムでは、自分たちの置かれている状況、相手のストロングポイント、そしてウィークポイントを整理し、なにをしなければならないのかを確認し、後半に挑みました。

すると、後半は前半と比べて、相手陣内でプレーをする時間が多くなりました。

相手ボールの時間も多くありましたが、それでも自陣に侵入させる時間は少なくなったと実感しました。

それは相手ゴールへ近づいているということであり、徐々に相手ゴールへ迫るシーンも作れるようになってきた中、ようやくゴールを奪うことに成功しました。

反撃の勢いを増していきたいところでしたが、自分たちのミスで勢いを追加点という形にあらわすことが出来ず、反対にこちらの勢いを挫かれる追加点を与えてしまい、そのまま試合終了となりました。

やはり上位リーグのレベルはこれまでのゲームとは比べ物にならないほどの違いがあると思います。

それは技術なのか、メンタルなのか、フィジカルなのか、頭脳なのか、選手たちには今一度考えてもらいたいと思います。

そして、それを考えた上で、自ら行動に移してもらいたいと思います。

この自ら行動に移すという部分が、このチームは圧倒的に不足していると考えます。

更なる成長の為に、より良い結果の為に、選手それぞれの行動の変化に期待します。





印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。