ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
15/06/13U15リーグレインボー
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
ジュニアユース : 2018 U13リーグ 第1節
投稿者: foresta 投稿日時: 2018-9-18 15:39:05 (167 ヒット)

2018 U13リーグ第1節
9月17日(月・祝)
中池多目的グラウンド

フォレスタ 2ー1 ヴィオーラFC


U13のチームとして初めての公式戦を迎えました。

チームを結成してから約半年、トレーニングの成果を発揮する場となります。

緊張している選手もいたと思いますが、それでもできること、やらなければならないことは変わりません。

自分たちがこの半年間取り組んできたことに自信を持って、試合に挑もうと伝えました。

ゲームはお互い積極的に攻撃を仕掛け、激しいプレッシャーによる守備で迎え撃つという、一進一退の非常に緊張感のある立ち上がりとなりました。

そんな中でも、先制点を奪うことが出来たことは、チームに落ち着きをもたらした様に思います。

得点は、クロスに対し適切な距離で、セカンドボールへのサポートをしていた選手のシュートによるものでした。

この適切な距離という部分は、選手たちに常に働きかけている部分であり、得点という形に現れたことに選手たちは手ごたえを感じたと思います。

前半はこの1得点のみではありましたが、失点をすることなくハーフタイムを迎え、前半の改善点の確認を行いました。

後半、素晴らしい形で追加点を奪うことに成功しました。

GKのビルドアップから、相手マークを外しフリーになった選手を経由し、相手に味方選手もボールも触れられることことなく、ゴールを奪うことができました。

このゴールは、この半年間のトレーニングの集大成の様なゴールだと思います。

さらなる追加点を奪えないまま、終盤、曖昧なプレーによる自分たちのミスから失点をし、締まらないゲームの終わり方となりましたが、2-1のスコアで勝利を収めることができました。

2得点の部分では、はっきりとトレーニングの成果が現れており、これを自信とし継続してもらいたいと思います。

守備の部分でも、トレーニングで取り組んでいる成果を実感していますが、やはり失点した現実を受け止め、改善を図らなければならないと思います。

勝利を収めましたが、まだ1試合が終わっただけです。

この1勝に浮かれることなく、成功したプレーは継続しさらに質を高め、うまくいかなかったプレーはなぜうまくいかなかったのかを考え、また次節も良い結果となるようにトレーニングに励みましょう。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。