ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
13/04/20U13アウトライン練習試合
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
公式戦 : トップチーム公式戦報告 New!!
投稿者: foresta 投稿日時: 2006-10-11 10:28:36 (1289 ヒット)

10/8に行われました岐阜県社会人1部リーグ 第6節の結果報告致します。


前回、長良クラブ戦から約1ヶ月ぶりの県リーグとなるフォレスタ関だが、その間トレーニングゲームを数試合こなして万全の体制でテクノ渡辺戦に挑む。今季2部からの昇格で強豪NK可児に勝ったり、コーガンズに引き分けたりと好調のテクノ渡辺を相手に勝って目標の東海リーグ入替戦をグッと引き寄せたいところ。


会場は古川町にある黒内ふれあい広場で昼間の気温は9℃とかなりの冷え込みで小雨の降る中の試合となりました。

立ちあがり冷え込みのせいか思うように体の動かないフォレスタ関だが時間が経つにつれ、いつものキレを取り戻すと有利に試合を展開する。ボランチの松岡と石田が相手攻撃の目を摘み、右MF小田や右DF近藤が積極的にサイドから仕掛ける展開に。

守りにおいても相手ブラジル人選手が個人技から攻めるもののGK浦崎、DF近藤・各務・大西に加え初スタメンの本田を中心に相手に付け入る隙を与えない。

有利に試合を進めるもののカウンターからFW林のシュートはわずかにゴール横をかすめ、素早いパス回しからFW春海が巧みな動きからシュートを打つものの枠の外へ。 その後も相手のファウルから得たFKからゴール前でFW春海が胸で落としたボールにFW林がシュート打つがゴールを捉えきれない。

結局ゴールを決めきれない悪い流れのまま前半終了。


ハーフタイムで前半の修正を確認して望んだ後半は終始フォレスタペースで試合は進む。すると後半開始間もなくして中盤でのプレスから相手ボールを奪ったボランチ石田がパス交換から狭いエリアから縦パスをFW春海に通すとポストプレーからサイドに開いてたFW林に展開すると、そのセンタリングにFW春海がヘディングで合わせて待望の先制点を上げる。

波に乗ったフォレスタ関は続けて右サイドからの展開から、またもFW林が仕掛けてセンタリングを上げるとゴール前でフリーになったFW春海がワントラップから落ち着いて決めて2-0とする。


これで気を良くしたのかミスから相手にボールを奪われカウンターを仕掛けられると素早いアーリークロスにクリアするものの味方選手に当り、ペナルティエリア内へこぼれ相手に拾われるとボールを奪いに行ったタックルはファウルの判定。得点した直後にPKを与えてしまい嫌な雰囲気になるが、このPKをGK浦崎が抜群の読みで阻止すると流れは完全にフォレスタへ傾く。

素早い出足から相手ボールを奪うと、テンポ良くボールが回り、人が動く理想に近い展開からFW春海がこの日ハットトリックとなる3点目を豪快に決めると最後はゴール前でショートパスをつなぎ最後はボランチ松岡からのパスにMF古田が決めて4-0で勝利。


勢いに乗るテクノ渡辺を4-0で快勝したフォレスタ関はこれで単独2位をキープし、チーム状態も良く残り3試合を全勝すれば優勝も見えてきた。ただ残りは昨年度苦汁を飲まされた相手ばかりで楽な試合ではないが一つ、一つ大事に戦って最高の結果で終るためにも、次節は地元グリンフィールドでの試合ですので皆さんの応援お待ちしております。



■岐阜県社会人1部リーグ 第6節
 期日:2006.10.8
 相手:テクノ渡辺
 会場:黒内ふれあい広場(古川町)
 時間:14:00kickoff
 スコア:フォレスタ関 4 - 0 テクノ渡辺
 得点者:春海×3、古田
 メンバー:GK浦崎
       DF近藤(大前)・各務・大西・本田
       MF古田・石田・松岡・小田(土川)
       FW春海・林(坂井)
 サブ:DF増田、DF大前、DF坂井、MF土川

 次節:10/15vsNK可児(グリンフィールド中池、11:00kickoff)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。