ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
10/01/03。。ス鮨ウ、
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
公式戦 : 県1部リーグ結果報告
投稿者: foresta 投稿日時: 2006-6-20 12:59:23 (1173 ヒット)

6/11に行われましたフォレスタ関トップチームが所属してます岐阜県社会人1部リーグ 第3節の結果報告を致します。

前節の勝利で1勝1敗としたフォレスタ関は古川町・黒内グランドでセラヴィと対戦致しました。ここ数試合のイイ流れをそのままに勝って勢いをつけたいところ。

試合はフォレスタ関がボランチ石田と今季、初スタメンの神谷がテンポよくボールを回し、FW春海と林を基点に素早い攻撃を仕掛ける展開となりました。

中盤でのボール回しから、素早い動き出しでFW春海が石田から裏へのロングパスをダイレクトで合わせるも枠を捉えきれない。続けて中盤でボールを奪った神谷がFW林とのワンツーで右サイドを突破し、そのセンタリングに春海がダイビングヘッドで合わせるがわずかに外れ決定的なチャンスを逃す。

その後も好調をキープしてるMF高田やFW林がチャンスを掴むも決めきれず嫌な流れになりかけたが右からのCKのチャンス。春海の蹴ったボールにボランチ石田がドンピシャで合わせ、豪快なヘディングシュートが決まりフォレスタ関が先制する。

守っては出場停止のGK浦崎に代わり小澤が安定した守りを見せ、DF陣も各務と大西を中心に相手に付け入る隙を与えず危なげない展開。
サイドバックの近藤もケガを押しての出場だが持ち前のガッツで積極的に右サイドから仕掛けチャンスを作るも前半はこのまま終了。


後半に入ってもフォレスタ関がゲームの流れを掴む。

FW春海と林のポストプレーからボランチ石田と神谷が精力的に動き回り、リズムを掴むとサイドハーフ土川と高田が積極的にセラヴィゴールへ襲いかかるが決めきれない。

大西からのFKに春海がヘディングで合わせるも相手GKのファインセーブに阻まれ、相手DF陣が浮き球の処理にもたついてるところを春海が奪いGKと1対1になるもシュートはGK正面。林も春海のポストプレーからのスルーパスに抜け出しGKの1対1を外し、巧みな動きで右サイドからの突破で最後はシュートフェイントからGKフリーな状態になり慎重に左足で狙うも枠を捉えきれず無得点。

後半終盤は暑さからお互い足が止まり、単調な攻撃を繰り返し、結局そのまま試合終了となりフォレスタ関は2連勝で勝ち星が先行するも、決定力不足が浮き彫りとなり次の試合の課題を残した試合であった。


■岐阜県社会人1部リーグ 第3節
 期日:2006.6.11
 相手:セラヴィ
 会場:古川町・黒内グランド
 時間:12:00kickoff
 スコア:フォレスタ関 1 - 0 セラヴィ
 得点者:石田
 メンバー:GK小澤
       DF近藤・各務・大西・坂井
       MF土川・石田・神谷・高田
       FW春海・林
 サブ:高木
 次節:6/18 vs八百津FC(グリンフィールド中池、11:00kickoff)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。