ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
13/04/20U13アウトライン練習試合
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
ジュニアユース : 8月19日U15後期リーグ第1節
投稿者: foresta 投稿日時: 2012-8-23 15:52:20 (503 ヒット)

8月19日U15後期リーグ第1節 vsFCオリベ

可児塩河グランド
フォレスタ関2-1FCオリベ

キナリ2



いよいよ後期リーグが始まった。2部では前期後期を含めて4位以内に入らないと3年生の大会が終わる・・・・

その気持ちを心に刻んでからの初戦・・・・
しかし・・・監督の試合前のミーティングでは集中していたように見えたが、アップ、そして試合前のピッチ上で気持ちの集中・高ぶりを感じない・・・・







案の定開始5分で簡単にゴール前まで運ばれてシュートを打たれ、、、運良くバーに当たったものの、ゴール前に跳ね返り豪快に蹴り込まれ先制点を奪われた・・・

前半は相手も良く動いていたが、自分たちで相手のプレッシャに慌ててミスを連発。ボールコントロールが全く出来ていない。










前線でボールキープも出来ないので、攻めが単調となり点が入る予感がしない。
味方から貰ったボールを保持できないし簡単にボールを失う場面が多い。奪われたら死にものぐるいで絶対奪い返す!!というプレーを期待したが、、取り切るまで追う事も出来ない。暑さのせいも有るかもしれないが、相手も同じ・・・・

結局シュートまで行くもバーの上だったりキーパーの正面だったりと大きなチャンスも無く前半を0-1で終了。



ハーフタイムに監督からはオフェンスはサイドからの攻撃を増やす事と前線は常に裏を狙う動き(相手より先に動き出し)をする事、そしてディフェンスについては前半と同じ事をやるようにという話をして後半へ。

後半は少しボールが保持でき自分たちのペースでボールが動き始める・・・・・

10分過ぎた辺りから相手の動きが少し落ちはじめたところでトップを金原から本田に変えて前線での動きが増えると少しづつフォレスタペースとなる。相手陣地で攻撃する時間が増え始める。

そして15分、、、フォレスタのコーナーキックとなりゴール右前で土屋がヘディング、ゆっくりとボールがゴールに吸い込まれるも、ぎりぎりで相手ディフェンスがクリア・・・・・








しかしクリアボールが再び土屋の前へ。それを今度は落ちついてゴールを決め同点。






後半水が入り、更にサイド攻撃を仕掛ける。






ロスタイムに突入・・・・同点のまま終了の色が濃くなって来たところ、ゴール前の混戦から再度土屋がゴールに蹴り込んで逆転。




そのまま最後はディフェンス陣も頑張り逃げ切った。






0-1から後半逆転し勝ち点3を取れたのは大きいし、慌てず逆転できる力が付いて来た事は評価できる。

しかしゲームへの入り方・・・・特に技術云々よりも気持ちの部分で今回は選手それぞれが反省する必要が有る。

同じ過ちをするのであれば、高円宮大会への道は遠くなる、いや無くなるだろう。
もう一度全員が試合前のミーティングからキックオフまでの時間をどのように使うか、また気持ちをどうコントロールするか、考えて欲しい。

試合が終わって、また大会が終わって後悔しないように・・・・

次戦は地元中池陸上競技場にて14時45分キックオフ。
相手はまだ一度も勝った事の無いメジェールFC。
強い相手には間違いない。しかし勝つかもしれないでは無く、絶対勝ってやると言う気持ちで戦おう!!



しかし新監督の初戦初勝利で飾れて良かった・・・・・








印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。