ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
10/07/19VS sonan
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
公式戦 : トップチーム公式戦報告
投稿者: foresta 投稿日時: 2005-11-7 16:19:54 (1000 ヒット)

11/6(日)に行われました県1部リーグ第7節の結果報告致します。

前節よもやも負けを喫したものの入替戦出場条件の2位までの可能性を残しているフォレスタ関は各務原スポーツ広場で今季爆発的な得点力を見せている養老クラブを迎える。

小雨が降る肌寒い中、試合開始から攻勢に出るフォレスタ関。中盤から素早いプレスで相手の攻撃を潰すものの時間が経つにつれてプレスに慣れてきた養老クラブが素早いボール回しからサイド攻撃仕掛けるも得点には至らず0-0のまま前半中頃に中盤で相手FWのドリブルからボールを奪ったMF春海がそのまま攻め上がり約40メートルのロングシュートが見事に決まりフォレスタ関が先制点を奪う。

その後、先制点を奪った勢いで攻めようとするものの今ひとつ動きが鈍くゴール前に攻め込む事が出来ず膠着状態が続く。
すると養老クラブはフォレスタゴール前でのファウル判定を巡って退場者を出すがフォレスタ関の連携ミスからオウンゴールで同点とし前半終了となる。


後半になると一転養老クラブの攻勢で試合が進み、フォレスタ関もGK小澤とDF陣を中心に堅い守りで応戦するとまたも養老クラブが審判の判定を巡り退場者を出し9人での戦いをしいられる事に。
それでも攻める姿勢を崩さない養老クラブにフォレスタ関も積極的にプレスを掛け数的優位を活かしてスペースを使い決定的なチャンスを何度となく作るも決めきれない時間が続く。

するとフォレスタ関の左からのCK。MF春海の蹴ったボールに遠い位置に居た石田が懸命に折り返しゴール前に積めたMF小田が決め2-1とする。
逆転してまたもフォレスタ関の右からのCK。MF春海の蹴ったボールに遠い位置で石田が粘って落としたボールにMF土川が豪快に決め3-1とした。

その後、養老クラブの攻勢にフォレスタ関が必死に耐え試合終了。
退場者2名、警告数枚出る荒れた試合を制したフォレスタ関。残り2試合の結果に乞うご期待下さい!

20051106TOP_officialrecord.pdf

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。