ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
10/10/10sinjin VS wakaayu
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
ジュニアユース : U15リーグ 第12節
投稿者: foresta 投稿日時: 2019-6-16 21:29:09 (172 ヒット)

2019.6.15 
瑞浪市陸上競技
FCフォレスタ関 vs 星和中学

前日からの予報は豪雨、しかし中体連との兼ね合いもあって開催有りを前提としたトレーニングを昨日は行った。クレイのぬかるんだピッチでのプレーイメージを確認。クラブユース東海大会へ向けての最後の試合、勝点3で弾みをつけたいところ。(倒壊してはアカンよ)
さて会場に到着しましたよ。って乾いてますやん!

13:20 フォレスタボールでキックオフ。早い時間での先制を狙って開始から押し込む。(現在は落ち着いているが、雷での中断/中止の可能性も押さえておかねば)
2分、SB水口からナナメのいいクロスが入る、がシュートは打てず。
5分、ゴールキックのこぼれをCF涼介が拾った、ドリブル突破を仕掛けるが相手CBに阻まれた。その後もSB水口からクロスが入る、流れたボールを左SBの玲央斗がミドルシュート、これは枠上だが右サイドからチャンスを創り出せている。
10分、OH桜からSB玲央斗へ、CB舞己が追い越してクロス、左サイドの活性も上がってきた。
11分、SB玲央斗からSH謙臣と繋いでOH桜のミドルはGKがキャッチ。(前回の対戦はGKの活躍でドロー、今日は破りたいですね)
15分、カウンターで右サイドの裏を突かれた、深く抉られペナへ侵入を許す、角度は無いが至近距離での勝負、GK昌大がなんとかシュートコースを塞いでセーブ。(もし相手の人数がかかっていたならアウトの場面)
21分、CB甘楽のスルーパスにSH藍人が抜け出した、相手SBを躱してクロス、相手CBが頭で弾き出す、弾んだこぼれ球をDH銀次郎がボレーで叩く!ドライヴのかかった放物線は、横っ飛びしたGKの座標と合致しない!美しい先制弾!「1−0」
23分、SB玲央斗のシュートをGKが弾く、セカンドに詰めたCF涼介が仕掛けて転倒!笛は?主審が手を横に流した。
30分、CF涼介へカウンターのタテが通った、相手CBを引き付けての横パス、フリーのOH桜が脚を振り抜く!鋭い弾道のシュートをGKがまさか(マサか?)のジャンプ弾き出した。(ナイスセーブです)
34分、前半最後の攻勢をかける相手、ペナ正面でのやり取りをプレスバックで摘み取った。かに見えた直後、ルーズボールが開き気味のCBの間へ流れた、走り込んだ相手SHのコース取り、止まっているフォレスタ守備陣は塞げ無い、GK昌大が寄せる直前に流し込まれて同点で前半終了。「1−1」

ハーフタイム、少し緩んでいる印象が否めない選手達へ監督の激が飛ぶ。シュート数だけ見れば相手の倍のスタッツが出ているが、相手の狙いに対してのリスク管理が甘い。リスクと背中合わせに発生するストロングポイントに留意した判断を促した。後半からは、OHに義蔵を投入。

40分、SB玲央斗のカットインからのミドルシュートは枠外。
44分、CKからSB桜がシュート、またもGKがキャッチ。
49分、SH藍人が浮き球のスルーパスに抜け出した、バウンドに合わせた高めのシュートは落ち切らずバーの上。
52分、ここで守備的な役割を担っていたDH陸に代わって修弥を投入。追加点を狙いにいく。
54分、OH義蔵のパスを受けたCF涼介が放ったミドルシュートをGKが弾いた、セカンドに遅れて詰め寄るSH謙臣、これはGKが抑えた。(スタートにウルさい監督から激が)
57分、相手のカウンターに対応するCB甘楽、止めきれず進まれペナ内での攻防へ、CB舞己もキックの時間を貰えず苦戦、混戦のこぼれ球、相手のシュートがネットを揺らした!?いや、フラッグが上がった、オフサイド。
65分、SH謙臣が負傷、SBへ康生を投入。
67分、相手のリスタート、奪ったボールがOH義蔵に入った、高い位置を取る相手DFの裏へスルーパスを通す、走り抜けたCF涼介を追走する3人の相手DF陣、激走でファール出来る間合いさえも与えない涼介、GKが対応に飛び出した、トーンっと放ったループを見送ったGK、吸い込まれるようにゴールイン!「2−1」(トップスピードの中でもタッチの刻みをアジャストしたドリブルは見事!あっ、昨日練習したヤツが生きたことにしとこう、、乾いとるけど)
68分、たたみかけるフォレスタ、ルーズボールをSH桜が持ち出して進む、出てきたGKの上へまたもループシュートがナイスイン!「3−1」

FCフォレスタ関 3−1 星和中学

終わってみたら3得点だが内容はまだまだです。ただ拾うところがあるならば、前回の対戦と比べてシュート数こそ減ったものの、プレーに係わった回数は1.5倍の数値が出ていること。次週はクラブユース東海大会、積極性の持って選手各自が主役になれることを願います!シンデレラボーイは誰だ?

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。