ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
11/03/06CHUNOU CUP FAINAL
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
ジュニアユース : U15リーグ 第9節
投稿者: foresta 投稿日時: 2019-5-26 22:07:00 (147 ヒット)

2019.5.25 
岐阜フットボールセンター

FCフォレスタ関 vs 岐阜西SC

前半戦の最終節、堅守が特徴の相手に対してゴールをこじ開けることが出来るか?仮に勝利出来るならば2位のポジションをキープとなる。暑さが本格的になってきた、方法論も含めての集中力の維持が必須。

12:55 フォレスタボールでキックオフ。
4分、1stシュートは右SB桜が放ったミドル、フェンスを高々と越えて(初めて見たわ)隣の天然芝コートへ。
7分、CB玲央斗のフィードがSH謙臣へ通った、落としてDH銀次郎がシュート、これは守備の壁に当たった。
9分、SB桜(キックが飛んで上機嫌)が右奥からチャンスメイク、シュート性のクロスがゴールマウスへ向かう、これも相手GKが高いジャンプで弾き出した。
12分、SB桜がこんどはドリブルで右サイドを切り込む、そのままシュート、がGKキャッチ。
15分、CB甘楽がドリブルからのSH謙臣へ、守備ブロックへ突入も、シュートを撃つ「間」を貰えない、ブロックは堅い。
23分、この試合初めての相手のカウンター、右サイドを突かれた場面、相手が初めて人数を掛けてきた。
27分、右SH藍人が流れるボールを残した、折り返してのボール、シュートを放つがペナ内の密集にブロック。
29分、SH謙臣キープからのOH義蔵のミドルは枠外。
33分、左SB舞己のクロス、跳ね返ったセカンドを繋いで逆へ、右SB桜のミドルは枠外。
36分、進んできた相手、ボールはGK昌大がキャッチ、からの速攻、DH銀次郎が運んで進む、パスを受けたCF涼介が突破を試みるもタッチミス、ここは引っ掛かった。
ここまでシュート10本を放ったが得点を奪えない、スコアレスで前半終了。

ハーフタイム、前半は引いて守る相手に対して攻め続ける展開が続いているが得点は無し、シュートは距離のあるミドルが中心、期待値を上げるならばペナを墜とすべきだ。ただこの展開は想定内ではある、強固な守備ブロックに対してどう攻めるか?トレーニングで取り組んできたことがあるはず、選手達はその引き出しを開けながら(エエですね)戦っている。裏のスペースが消されている状況で出来ることを模索(エエですね)している。苦戦の原因は何か?試した方法は悪くない、ただ大切な要素が抜けている「リズム」だ。汗だくでベンチで休む選手達にそれを伝えたとき、彼らの瞳の奥に何か力強いものが宿ったのが見えた。(任せて大丈夫だと確信)
後半からは、SBに水口を投入して、好調の桜を前線へ。

後半開始早々に相手のチャンス、SB水口の守備が安定しない、ボールディスタンスが遠く、いつファールの判定を受けてもおかしくない。ただ、ピンチはチャンス、進んでき相手の背後には前半に無かったスペースが生まれる。(監督がそれを想定しての交代か?ムム、水口が先制点の呼び水となる?ムムム!早くも監督が水口の交代を検討し始めた、違うのか!?)
39分、後方からのフィード、ボールが大きく跳ねた、相手CBに対しCF涼介とSH桜がチャレンジ、カバーリングは居ない、競り勝った桜が裏のスペースへ抜け出した、ペナへのクロスが逆のSH謙臣へ、シュートがサイドネットに刺さった。「1−0」
40分、CF涼介がペナ前中央で突破を試みる、守備ブロックに阻まれたこぼれをOH修弥が拾う(予測がマッチ)、中央の密集からサイドへ振り分け、高い位置を取っていたSB舞己が振り抜く、これは僅かにポスト外へ。
44分、SB水口がフィード(サイドチェンジから早めでエエね、周りの声もエエ)、SH謙臣が収めて抜け出す、対応に出てきた相手GKと縺れた直後、謙臣がシュート、が当たらずコロコロで相手DFが蹴りだす、その後のSH桜のミドル、相手GKが横っ飛びで弾き出した。
49分、CKに合わせてOH義蔵が跳ぶ、高い打点のヘッドはバー阻まれた、セカンドのSH謙臣のシュートはGKはセーブ。
54分、SB水口に代わって幸翼を投入。
60分、OH義蔵にも限界が見える、恭心を投入。
66分、相手カウンターをSB幸翼がスライディングで阻む、その後のクロスがファーへ流れた、GK昌大が飛び出してピンチを防ぐ。
68分、自陣ゴールキックの競り合いが緩い、暑さの影響か集中力の途切れが見えた、返す刀でフリーで撃たれた、高いロングシュートがフォレスタゴールを襲う!(アカン〜)GK昌大を越えた(風止め〜)、バーを叩いて間一髪!(神よ〜)
最後まで力を振り絞ったフォレスタ、ここでタイムアップ。

FCフォレスタ関 1−0 岐阜西SC

結果2位キープ、だが勝ち点1差で3位が追いかけてきている。ギリギリの闘いが続いていくこれから、まだまだ控え選手の闘う気持ちが物足りない、シンデレラボーイは誰?

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。