ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
10/10/11shijin XEBEC 1-1
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
ジュニアユース : U15リーグ 第7節
投稿者: foresta 投稿日時: 2019-4-14 20:41:27 (78 ヒット)

2019.4.14 
TECOフィールド

FCフォレスタ関 vs FCジョカトーレ関

気が付けば今週の2連戦は関ダービーという見方もできる。昨日はRISE UNITEDから1本とることが出来た、もし今日勝利することが出来るならばリーグ順位においても上に立てる。実は公式戦としては初対戦、ダービーマッチと位置づけてフォレスタベンチは一方的に熱くなります。

10:40 フォレスタボールでキックオフ、開始早々SH涼介のサイドチェンジを受けたSH謙臣が進む、落としをSB舞己がクロス、CK獲得、が得点は無し。
4分、相手も攻撃のスイッチを入れてくる、TOPへのクサビをCB甘楽が前で奪取、相手を進ませない。
13分、CKが連続で続いたが得点は奪えない、フォレスタペースで試合は進んでいるものの、相手の前線スタメンが昨日の様子と違う、連戦で疲れがあるのか?おそらく途中からは状況が変化するであろう。流れの来ているうちに先制が必須。
15分、左サイドを深く突いた、相手GKがペナ横へ飛び出して処理、ルーズボールを拾ったOH陸の前にゴールマウスがポッカリと口を開けた!撃てる、と誰もが感じた瞬間まるで時計が止まった様な錯覚を覚えた。陸が右足に持ち替えたときには壁が出現していた。
20分、OH義蔵からフワリとしたスルーパス、抜け出すSH涼介の背中に当たってスピードダウン。(キックの瞬間と回転を鋭く見ようぞ)
22分、OHに修弥を投入、修弥から裏へのサイドチェンジ、折り返しに詰めたCF森、シュートは枠外。
24分、オフサイドギリギリで相手が抜け出した、GK昌大がシュートを防ぐ、これで被シュート1。
29分、SH涼介がドリブルで仕掛ける、ナナメ45°のシュートがGKをすり抜けた!僅かにポストの外、歓声が校舎に響く。
31分、CK獲得、GKキャッチ。直後SB舞己がオーバーラップでチャンスを創出、CKはまたGKがキャッチ。
前半はシュートを9本放つが無得点。「0−0」

ハーフタイム、短いミーティングの後、選手達はリラックスムード。

後半からは選手交代に注意が必要、両サイドの選手2枚に変化が。
互いに時折チャンスを迎えるがスコアに変動は無い。
48分、ここで相手がまた2枚追加、フォレスタも呼応、SBに水口を投入。
53分、OH義蔵がキープからスルーパスを送る、裏へ抜け出したSH謙臣とGKの勝負、(昨日と同じ角度やん)シュートが右下に刺さる、待望の先制点!「1−0」
55分、相手に左サイドを突かれた、クロスがゴール正面に入る、ヒトを捕まえ切れていない、PKスポット付近でフリーで合わせたヘディングシュートがフォレスタゴールを襲う!その刹那、GK昌大の重心が素直に傾き横っ飛びで弾き出す!(チームを救うビッグセーブを生み出したのは、彼の素直な性格なのかもしれない)
60分、SHに藍人を投入、GKが頑張ってノラない訳が無い、さらに攻めるフォレスタ、ここでCB玲央斗やDH銀次郎と共に守備に安定感を持たせ本日裏方に徹しているSB桜がCF涼介に繋ぐ、囲まれながらもドリブルで躱す涼介、放ったミドルシュートはバーに嫌われた。拾ったSB水口の大きなトラップでゴールキックへ。(いろんな意味で会場が湧く)
67分、SH藍人が裏へ浮き球を送る、相手DFと並走するCF涼介にGKが詰め寄る、タイミングは僅かにGKが先だ、諦めない涼介がモーションでGKに駆け引きを挑む、入れ替わった瞬間ボールは涼介の足元に!流し込んでの追加点!「2−0」(ふしぎなおどりでMPが吸収されるやつか?伝わった人、古いですね)
アディショナルタイム、ギャップに入る相手への対応が緩い、簡単にシュートを許す、枠外でセーフだが課題を残した。

FCフォレスタ関 2−0 FCジョカトーレ関

ここで一時U15リーグは中断、クラブユースに勢いを持って臨みます。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。