ログイン  |  新規登録
メインメニュー
ピックアップ画像
15/07/18.19.20キエセ蟷鄂ノ
みんなで投票
オススメ商品
簡易テント

ミニゴールFUNG

ビブス

マーカーコーン

レフリーフラッグ

メジャー

作戦ボード

コーナーフラッグ
ジュニアユース : 2018 U13リーグ 1stリーグ(B) 第3節
投稿者: foresta 投稿日時: 2018-11-22 15:18:22 (82 ヒット)

2018 U13リーグ 1stリーグ(B) 第3節
11月18日(日)
キャプテン翼スタジアム

フォレスタ 0ー5 SC岐阜VAMOS


順位リーグも残すところ一試合となりました。

これまでの結果により、決勝トーナメント進出の可能性は無くなりましたが、これまでのトレーニングの成果を図る為、そして、これからの自分たちの課題を明確にする為、この一戦を消化試合にすることなく、試合に臨みました。

相手の身体能力がこちらのそれを上回ることを計算に入れて対策を図り、試合開始を迎えましたが、簡単なコミュニケーションの不足から開始早々に失点をしてしまいました。

この失点の形は、予選リーグから繰り返し起こしてしまっている形であり、選手の意識の改善に期待するほかありません。

選手それぞれが責任感を持ち、お互いに厳しくディスカッションしていく必要があると考えています。

そして更に追加点を奪われてしまいました。

自分たちのトレーニングでは、シュートを選択しない位置から見事なシュートを決められました。

決して守備のアプローチが無いわけではなかったのですが、その位置からでもシュートされるという意識があれば、アプローチの強度も違っていたはずで、その意識がなかった分、少しのスペースとシュートコースを見つけていた相手に、きっちりとゴールを奪われてれしまう結果となりました。

これも常日頃から選手に働きかけている、日常のトレーニングの質、に他ならないと思います。

その後も、相手のパワーと技術に押され、攻撃を防ぎきれず失点を重ねてしまいました。

しかし、失点をしてしまっているものの、相手のビルドアップに対して、声を掛け合いお互いの位置を確認し、相手の望む攻撃をさせない場面も見受けられ、この辺りにはトレーニングの成果を実感することが出来ました。

そして、数少ないながらも攻撃に転じ、自分たちのイメージの元、相手ゴールに迫るシーンが作れていた部分を、ゴールを奪うという結果にまで、トレーニングにおいて積み重ねていかなければならないと思います。

最終戦は大量失点での敗戦となり、上位リーグを3戦全敗で終える結果となりましたが、上位リーグを戦った3試合で得るものも大きかったと思っています。

選手たちも上位リーグの3試合を通して、自分たちには何が不足していて、それを改善するためには為に何をしなければならないのか、身を以て知ることが出来たと思います。

この結果を糧として、選手たちのトレーニングが、日常の質がより良いものに変わっていくことを期待します。


印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。